Menu

ちよだ鮨で広がる未来

1年間にわたる充実した研修を経て、入社2年目から店長に。
一人ひとりの能力や適性に合わせて、店舗や本部で活躍の場が広がります。

キャリアとの向き合い方

店⻑経験後のキャリアの描き方・進み方に、決まったモデルや期間はありません。
1年に一度、社員一人ひとりから、自身の将来の希望や、得意・不得意なことを確認する機会を設けています。
それにより、それぞれが2年後、3年後にどのようなポジションで活躍していただくかを、部長以上の全員で検討しているのです。
一人ひとりに合った教育プログラムを計画し、キャリアアップを支援しています。

入社

1年間の研修で、店長を育成

1年間の研修プログラムでは、技術はもちろんのこと、ちよだ鮨の企業理念や目的観、行動指針などを学びます。
店舗運営や経営者としての基礎知識を習得し、店長としてのキャリアをスタートするための準備を行います。

研修スタジオ 3カ月
写真
教育店 9カ月
写真

ちよだ鮨の店長として得られる経験を糧に、
個人の能力や適性に応じてキャリアを形成

私たちは、お客さまやメンバーと一緒に働く店舗で幅広い業務を通して得られる、ちよだ鮨の店長としての経験を大切にしています。
店長の職務は店舗の「経営」です。仕入・販売促進・採用・教育・経理・労務など幅広く責任を持ち、店舗の売上・利益を伸ばすために客数を増やしていく方法を考え経営者としてビジネス全般を学ぶことができます。
1年に一度、希望や目標などを自己申告する機会があり、適性や能力に応じて教育的ジョブローテーションを行いながら、店舗・本部の隔てなくさまざまなポジションで活躍していただけます。

店舗
写真
本部
写真
■ちよだ鮨ならではのキャリアモデル例
  • 店舗一筋で、小規模店の店長からスタートし大規模店の店長を経て、現在は地区長としてエリアの店舗のマネジメントを行う。
  • 店長から採用担当、運営企画担当、地区長を経験し、現在は海外事業部で海外に駐在し店舗運営の責任者として活躍。
  • 店長職から、何店もの新店オープンを担当し、運営企画部へ。現場の運営で培った経験をもとに、現在は商品開発に従事する。

ジョブサイズに応じた昇格・昇給制度

ちよだ鮨では仕事の責任範囲や難易度に応じた等級制度があり、店舗も本部も分け隔てなく同じ制度の中で昇格・昇給があります。
例えば、同じ「店長」という役職にも4段階の等級があり、同じ役職の中でもレベルアップすることができます。
さまざまな経験を積み重ね、責任範囲を広げ、より難易度の高い仕事にチャレンジすることで、昇格(等級が上がること)します。

図:評価体系 図:評価体系